腰椎分離症・すべり症※慢性的なものは自費施術となります

腰椎分離症は、成長期にスポーツなどでジャンプや身体をひねる動作を繰り返すことで、腰椎の後方部分に亀裂が入ってしまい起こります

一般の方でも5%程いますが、スポーツ選手では30~40%もいると言われています。
分離症は若年層で起こりますがその後、分離すべり症に移行していく場合があります。

腰椎分離症・すべり症

すべり症には腰椎分離すべり症と腰椎変性すべり症があります。

分離すべり症は分離症から移行していくもので主に腰痛が症状ですが、変性すべり症は高齢者に多く、歩くとお尻から足にかけて痛みが出てきて休憩するとおさまる脊柱管狭窄症の「間欠性跛行」と同じような症状が出ます。

今まで数多くの腰椎分離症・すべり症の患者様の治療経験から分離症・すべり症と診断された方の腰痛は筋肉や筋膜が原因のものが多くありました。

当院ではまず「なぜ痛みがでているのか?」を見つけます。

根本的に治すには今の痛みだけにとらわれてその場だけの治療をするのではなく、なぜ痛いのか?をあなた自身が知る必要があります。

あなたと痛みの原因を共有して二人三脚で根本的に治療していきます。一回の施術でほとんどの方が効果を実感していただけますが、複数回かけて良い状態に修復していきます。

このような症状でお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。