腰部脊柱管狭窄症※慢性的なものは自費施術となります

腰部脊柱管狭窄症とは主に腰の神経の馬尾神経と神経根の通り道が狭くなっていることをいいます

加齢により椎間板が膨隆したり、骨棘(骨のトゲ)が出来ることにより、神経の通り道が狭くなってしまったり、腰椎すべり症で骨がずれてしまうことにより、腰部脊柱管狭窄症になる場合があります。

症状としては、“歩くとしびれや痛みが出て休憩すると楽になる”のを繰り返す『間欠性跛行』が特徴的です。背筋を伸ばして立っていたり、歩くとお尻から足にかけてしびれや痛みが出て、前かがみになったり腰掛けると症状が軽快します。この間欠性跛行がひどくなると歩行距離が段々短くなっていきます。

安静にしていると痛みがない場合もありますが、今まで多くの脊柱管狭窄症の患者様を治療させていただいた経験上、安静にしていても痺れてきたり、痛みで眠れない、起床時に動けない、ずっと座っていられない、など歩かなくても日常生活に問題が出てくる場合がほとんどです。
すぐに手術の適応にはならず、数ヶ月は保存療法を行うのが一般的ですがそれでも症状が緩和しなかったり、排泄機能(膀胱や排便)の低下がある場合は手術の適応になります。
しかし手術をしても改善しない場合が多いです。

腰部脊柱管狭窄症

当院ではまず「なぜ痛みがでているのか?なぜ痺れているのか?」を見つけます

痛みやしびれを根本的に治すには、今の痛みだけにとらわれてその場だけの治療をするのではなく、なぜ痛いのか?なぜ痺れるのか?をあなた自身が知る必要があります。
あなたと痛みの原因を共有して二人三脚で根本的に治療していきます。一回の施術でほとんどの方が効果を実感していただけますが、複数回かけて良い状態に修復していきます。

病院で手術しかないと言われたけど手術はしたくない、手術したけど治っていない、一生この辛さが続くのか不安、など腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方はご相談下さい。