頚椎・腰椎椎間板ヘルニア※慢性の場合は自費施術となります

背骨と背骨の間には椎間板という、日常生活の中で起こる衝撃を吸収するクッションの役割をしている軟骨があります。
この椎間板の中身(髄核)が外に脱出することをヘルニアと言います。

つまり外に飛び出すことをヘルニアというのであって痛みやしびれがあるのがヘルニアではないのです。

ですから症状がないヘルニアもあるのです。

しかし、頚や腰が痛い。手足がしびれるなどの症状があるとまず整形外科に行くのが常識となっています。

そこでレントゲンやMRIを撮ります。

そうするとヘルニアが見つかり、「このヘルニアが原因で痛みとしびれが出ていますね」と言われるわけです。

そして湿布や痛み止めをもらったり、手術を勧められたりします。

このシップや痛み止めというのは、その場だけの治療なので一時的「緩和することもありますが、結局痛みを繰り返してしまいます。

そして手術ですがヘルニアが本当の原因の場合は効果が高いでしょう。しかし、痛みやしびれの本当の原因がヘルニアでない場合…全く無意味に体にメスを入れることになります。

私の今までの経験上、慢性期のヘルニアの痛みやしびれの原因はヘルニアからではなく、筋肉や筋膜が原因の方が多くおられます。実際にヘルニアの手術をして良くなる方もおられますが全く症状が改善しない方もおられるのが現状です。

頚椎・腰椎椎間板ヘルニア

まずは「なぜ痛くなったのか?なぜしびれるのか?」を見つけ出すことが大切です。

当院では独自の検査法で腰の痛みや足の痺れの本当の原因を見つけることができます。あなたと痛みの本当の原因を見つけ出し、根本的に治療していきます。一回の施術でほとんどの方が効果を実感していただけますが、複数回かけて良い状態に修復していきます。

痛みやしびれでお悩みの方はぜひご相談下さい。