脳出血 ※訪問療養マッサージで保険適用可能です

脳出血とは?

脳出血とは何らかの原因により脳の血管が破れてしまい、脳の中に出血を起こす病気です。血管から溢れた血液は血腫という血の塊を作り、その血腫が脳に直接ダメージを与えたり、また、血腫が大きくなることや脳のむくみ(浮腫)により頭蓋骨の中の圧が高まり、正常な脳を圧迫することで脳の機能に様々な障害が生じます。日本では脳卒中における脳出血の占める割合は20%程度ですが、時には死に至ることもあり非常に重要な救急疾患です。

 

脳出血の原因は?

脳出血の原因は主に高血圧です。脳の中の細い血管は脆く、さらに血圧の負荷が強くかかる場所であるため、長期間の高血圧にさらされるとより一層脆くなります。そうすると、脆くなった血管の壁の一部に裂け目ができ、その部分にさらに圧が加わることで血管が破裂して脳出血を引き起こします。
また、高血圧とは関係なく、先天的に血管の脆弱性(脳動静脈奇形など)を持っている場合や、加齢により発生する異常蛋白(アミロイド)が血管に溜まることで血管が脆くなる場合も脳出血の原因となります。

脳出血の症状は?

脳出血の症状は出血を起こした場所や出血量によって異なります。多くの場合、頭痛、吐き気、嘔吐、片側の口角と手足の運動麻痺、感覚障害、呂律が回らないなどといった様々な症状が起こります。ほとんどの場合、前触れもなく突然起こる症状です。出血量が多い場合や出血部位によっては意識障害を呈し、昏睡状態に陥る場合もあります。

後遺症として出血した脳とは反対側の四肢に筋麻痺や関節拘縮が起こります。筋肉は硬くなり、関節は曲がったまま固まってしまい、自力では伸ばせなくなってしまいます。脳出血後遺症のこのような症状には、リハビリやマッサージで関節を動かしたり筋肉を柔らかくすることが効果的です。

当院の訪問マッサージではこのような症状で1人で外出できない方のご自宅や施設に伺い、関節拘縮の改善、筋緊張と麻痺の緩和、筋力低下の予防と筋力強化を目的としたリハビリマッサージを行います。