ブログBlog

「五十肩」

こんにちは。

寒くてガチガチに固まった体を動かしたいけど、外でスポーツをするにはまだちょっと寒いですね(;´д`)

そんな日は、おうちでゆっくりストレッチをすれば気分もリフレッシュされますよ☆彡

 

40代から50代の人に現れやすい病気が五十肩(肩関節周囲炎)です。

昔は40代、50代の人に多かったので五十肩と呼ばれていますが、現在はもっと高齢の人にも

多く、そんなところまで高齢化になっているのかと感じます。

 

「五十肩」は筋肉ではなく、関節に問題が生じたことによる病気で、

通常の肩こりとは異なり、肩の関節を動かすことで激しい痛みが生じます。

 

例えばシャツを着たり脱いだりする動作や、髪や帯を後ろで結んだりするのに、

後ろへ腕を回そうとして痛んだり、後ろまで腕が回らなくなったりすることで気づきます。

 

まず、診断のためにレントゲン写真を撮ったり、動きの範囲を調べたり、痛みの強い部位を確かめたりして

他に痛みの原因となる病気がないことも確認します。

個人差はありますが、完全に治るには半年から2年近くかかる場合が多いようです。

 

肩は腕を支えてる負担の大きい関節なので、普段から血液の流れを良くするための

肩回し運動を行って関節を大きく使うように心掛けることで、

「五十肩」になるのを防ぐこともできます。

 

同じ肩の痛みでも、関節の内部に関係している関節炎や、首の骨に異常がある場合や、

リウマチ、癌などの場合もありますので、主治医に相談するか、整形外科を受診して

診断をつけてもらうことをおすすめします。

 

「五十肩」の痛みをとる治療として当院では、鍼治療をメインに行うことが多いです。

鍼治療は痛みを起こしている深部に直接アプローチできるので、効果が期待できます。

また肩関節の動きに必要な筋肉の硬さを効率よく取ることができます。

1回で完全に改善するわけではありませんが、回数を重ねるごとに改善していくのを

実感されると思います。

 

肩が痛く、動きにくい。

動かすと痛い。

 

等の症状でお困りでしたら、ぜひ当院へご相談下さい。

 

 

1