ブログBlog

野球肘への鍼治療

みなさんこんにちは。

年が明けて半月が経ち本格的に寒くなってきたように感じます。

神戸市北区 花山の根本改善を目指す整骨院 あしなが鍼灸整骨院
神戸市内に訪問可能な訪問リハビリマッサージ あしなが鍼灸指圧マッサージ院
澤原です。

本日は野球をしている小中高生に多発する野球肘で来院されている中学2年生の患者様の
症状と施術効果についてご紹介します。

野球肘には大きく分けて3つがあり、肘の内側に痛みが出る内側型、外側に痛みが出る外側型、
後ろに痛みが出る後方型に分かれます。

この患者様は内側型で、右肘を伸ばそうとすると肘の内側に激しい痛みがあり、
画像のとおり肘関節を完全に伸ばすことができません。

整形外科の診断では内側骨端の完全剥離で手術を勧められたそうです。

彼のご両親は簡単に手術をしたくない。
手術をしないで済むよう、いろんな治療を試したい。
とのご意向で来院されました。

野球肘は正しい投球フォームで投げれておらず、肩甲骨の動きが悪かったり、股関節が硬いため
股関節をうまく使えず、肘に負担がかかる投げ方をしていることも大きな原因となります。

肘を支えている筋肉へのマッサージ、ストレッチ、股関節のストレッチ。セルフストレッチの
指導をし鍼治療を行いました。

肘の回内屈筋群に刺鍼し、鍼に通電し、深部の筋肉にアプローチします。

施術後には、

肘関節が施術前より明らかに伸びているのが分かると思います。

肘を伸ばした時の激しかった痛みも、「少し痛むぐらい」になったそうです。

早く投げたいと思いますが、焦らず頑張っていきましょう。

当院では野球をはじめ、様々なスポーツ選手を診させてもらった経験から、
あらゆるスポーツ障害に対応いたします。

ご予約、お問い合わせは
あしなが鍼灸整骨院 078-581-2434
訪問マッサージ あしなが鍼灸指圧マッサージ院 0120-034-402
までお気軽にご連絡ください。

1